zukky162 の趣味ブログ

趣味は登山・キャンプ・バイク・旅行・アニメ・ゲーム

大腸内視鏡検査を受けた・前編

今日、人生で初めて大腸内視鏡検査を受けました。前編で大腸内視鏡検査を受けることになるまでの流れを書いて、後編で実際にやってもらった大腸内視鏡検査について書いていこうかと思います。

7月ごろ: 排便時の出血に気づく

コロナの影響でずっと在宅ワークだったので、家のトイレで気づきました。しかし、家のトイレットペーパーがピンク色だったせいでペーパーに血がついてても「これはペーパーの色で出血は気の所為では?」と思ってしまい、出血していると自分が認めるのに1週間ぐらいかかりました。判断が鈍るので健康を気にする人は白いトイレットペーパーを使いましょう。

8月18日: 肛門胃腸クリニックで診てもらう

そのうち出血はなくなるだろうとしばらく様子見していましたが治りませんでした。これは精神的に結構しんどいので、近くの肛門胃腸クリニックで診てもらいました。

当然肛門内を見る必要があるので、肛門からいろいろ突っ込まれます(指なのか器具なのかは見えなかったのでよくわからなかった)。これがちょっとしんどい・・・。

結果、小さいいぼ痔があるとのことで、肛門から注入する軟膏をもらいました。

9月16日: 謎腹痛

朝起きたらよくわからないけどずっと継続してめっちゃしんどい腹痛に襲われたので、その日の仕事を早退して前回行った肛門胃腸クリニックに行ってきました。前回もらった軟膏を使っても出血が改善しなかったので、それと関係があるかもと思ったので同じクリニックにしました。

この日も、腹痛であろうとお構いなしにやはり肛門からいろいろ突っ込まれました。まじかって思いました。腹痛自体は収まりつつあったのでよかったんですが、この日のはなんか痛かった・・・。

結果、よくわからんということで大腸内視鏡検査をする流れになりました。何故か予約が1ヶ月以上埋まっていたので、10月26日にしてもらいました。

大腸内視鏡検査は検査日の2日前から食事制限があるとのことだったので、食事制限を土日にして、検査日当日は月曜日に有給休暇を取ってやることにしました。今思うと食事制限があっても仕事はできたので土日にかぶせる必要はなかったかなと思います。

余談ですが、この時の腹痛は恐らく出血とは関係なくて、前日に飲み干しためんつゆが悪くなっていたのが多分原因ですw

まとめ

というわけでここまでが大腸内視鏡検査を受けることになるまでの流れでした。ちなみに謎腹痛の数週間後、会社で受けた健康診断の結果でも案の定検便で引っかかっていました。謎腹痛のおかげで早めに大腸内視鏡検査の予約を取れたのは不幸中の幸いでした。後編に続きます。

blog.zukky162.com