zukky162 の趣味ブログ

趣味は登山・キャンプ・バイク・旅行・アニメ・ゲーム

石垣島を観光してきた【3日目】

2日目の記事はこちら

blog.zukky162.com

3日目

f:id:zukky162:20181107220652j:plain 今日が観光の最終日。朝食はやはりバイキング形式です。朝食の会場から見える庭に鳥がいて気になったのですが、朝食を食べている間、終始微動だにしませんでしたw

今日はまずは竹富島を観光します。車で石垣港に行き、そこからフェリーで竹富島に行きます。竹富島内はレンタサイクルがあったほうが便利なため、昨日のうちに電話で予約しておきました。時間に余裕をもたせる目的でレンタサイクルの予約の時間を早めに設定したので今日は起きるのが早めでした。

石垣港を目指す

チェックアウトを済ませ、カーナビに「石垣港」を入力し、指示に従い車を数分走らせて到着。かと思いきや、それっぽい建物が一切見えない・・・。広々としていて人の気配が全然なく、車を走らせて探してもそれらしき看板は一切なし。レンタサイクルの予約時間の事もあったので少し焦りました。カーナビが信用ならなかったので、友人が Google Map で位置を調べて案内してもらいました(言い忘れてましたが、3日間ずっと自分が運転していました)。

f:id:zukky162:20181107222957j:plain なんとか間に合いました。どうやら「石垣港」は客船とかが入らない方の港で、我々が目指していた客船に乗れるのは「石垣港離島ターミナル」だったようですw どうりで「石垣港」は車を走らせられるほど広々としていたわけだ。

竹富島

f:id:zukky162:20181107223812j:plain 今回乗るフェリーはこの「ちゅらさん」。車と同じで、走る方向に合わせて文字を並べているが、走ってる船の真横を近くで見る人なんて滅多にいなくないか?

f:id:zukky162:20181112221520j:plain f:id:zukky162:20181112221533j:plain f:id:zukky162:20181112221541j:plain フェリーからの景色。海がめっちゃ綺麗!

f:id:zukky162:20181112221645j:plain 10分ぐらいで竹富島に到着!ここからレンタサイクルのバスに乗って、移動します。

f:id:zukky162:20181112221838j:plain レンタサイクル屋の赤瓦にいたシーサー。今日は本当にいい天気で、青空とのコントラストが素晴らしい。

f:id:zukky162:20181112221837j:plain レンタサイクル屋(写真の左の建物)に来た時点でもう既にザ・竹富島な風景が!竹富島といえばこの、赤瓦・石垣・白砂の集落です。天気が良いのも相まって最高の気分です。これから自転車に乗って竹富島を観光します。

自転車で竹富島の西側を観光

f:id:zukky162:20181112222753j:plain レンタサイクル屋からすぐのところにあった郵便局。集落を移動する際に目印になります。

f:id:zukky162:20181112223156j:plain 石垣にもシーサー。

f:id:zukky162:20181112223212j:plain 集落を抜け、緑の中を進んでいきます。移動中、スジグロカバマダラリュウキュウアサギマダラが飛んでいました。

f:id:zukky162:20181112223231j:plain そして到着。この木のトンネルを抜けると・・・。

f:id:zukky162:20181112223344j:plain めっちゃ綺麗な砂浜と海!ここはカイジ浜という場所です。

f:id:zukky162:20181112223628j:plain 海が綺麗すぎて心が洗われます。

ここは「星の砂」という、星型の砂が取れることで有名です。砂と言いつつ砂ではなく生物の死骸らしいです。

f:id:zukky162:20181112223934j:plain のんのんびよりばけーしょんから得た知識を用いて星の砂を集める僕。砂に対して手のひらを押し付けると、いい感じに取れます。

僕が星の砂を取ってたら友人2人も集め始めて、20分ぐらいずっとやってましたw この地味な作業、意外とはまります。

f:id:zukky162:20181112224340j:plain 3人で集めた星の砂たち。これはいい思い出。

f:id:zukky162:20181112224710j:plain 先程集めた星の砂は友人に上げましたが、自分の分も欲しかったので、星の砂集めのプロが瓶に詰めて売っていたものを記念に買っていきました。これだけの星の砂をどうやって集めてるのか気になる・・・。だいぶゆっくりしたので、そろそろ次の場所に移動します。

f:id:zukky162:20181112225311j:plain 移動中、突然「ならぬ」と書かれた看板が何枚も現れました。インパクトがすごい・・・。

f:id:zukky162:20181112225032j:plain どうやらリゾート開発反対の看板みたいです。竹富島の集落、海、砂浜と見てきてどれも素晴らしかったので、この景観を失ってしまうリゾート開発は僕も反対ですね。

f:id:zukky162:20181112230112j:plain 次に来た場所はコンドイ浜です。やはり綺麗です。先程のカイジ浜は遊泳禁止でしたが、こちらは遊泳可能となっているため、泳いでいる人がたくさんいました。

f:id:zukky162:20181112230910j:plain サンダルの中が砂だらけになったので足だけ海に入ってみました。足元のすぐそこに魚がいました。竹富島の海は本当に綺麗なんですね。

f:id:zukky162:20181112230453j:plain f:id:zukky162:20181112230445j:plain 近くになぜか野良っぽい猫がたくさんいました。めちゃくちゃ人に慣れてて簡単に写真を撮らせてもらいました。

f:id:zukky162:20181112231347j:plain カイジ浜コンドイ浜の他に、西桟橋という場所にも行きました。夕日が綺麗なスポットらしいですが、残念ながら飛行機の時間があるため今回は見れません。

こんな感じで島の西側を観光して、集落に戻ってきました。

竹富島の集落を観光

f:id:zukky162:20181112231946j:plain 集落に帰ってきた頃には空模様がめっちゃ悪くなっていました。最初にもっと集落の写真を撮っておけばよかった・・・。

f:id:zukky162:20181112232056j:plain 事前に知っていた昼食が食べられる場所がそば処たけのこしか知らなかったので、思考停止でそこに行こうとしたら休みでした・・・(またかよ)。なので同じくそばが食べられるしだめー館に行きました。

f:id:zukky162:20181112232455j:plain 頼んだのは八重山そば。なんやかんやここに来るまで八重山そばを食べていませんでした。美味しかったです!

f:id:zukky162:20181112232654j:plain しだめー館からすぐそこに塔がありました。「なごみの塔」という名前で、昔は登れたらしいですが今は閉鎖されていました。その代わりなのか、近くに展望台(1人100円)があったので行ってみました。

f:id:zukky162:20181112232957j:plain こんな感じで、竹富島の集落を一望できて素晴らしかったです!晴れててほしかった・・・!

結局この後雨が降ってきたのでパーラーに行こうという話になったんですが、複数あるお店が何故か全部休みでした・・・。おかげで移動中結構濡れました。結局、自転車を返却して集落をぶらぶらしてました。

f:id:zukky162:20181112233249j:plain f:id:zukky162:20181112233251j:plain f:id:zukky162:20181112233215j:plain 最後に水牛を見れてよかったです。後半天気は悪かったですが、竹富島の集落の景観は本当に素晴らしかったです!次に来たときはここにある宿に泊まってみたいです。

石垣島に帰り、ユーグレナモールへ

f:id:zukky162:20181112234352j:plain フェリーに乗って石垣島に帰ります。さらば竹富島

f:id:zukky162:20181112234440j:plain 一番後ろの席に座れて、フェリーが作る波をずっと見れて面白かったです。

石垣島に着いた後、ユーグレナモールに行きました。ここが今回の旅最後の観光地なので、ここでお土産を買います。

f:id:zukky162:20181112235211j:plain 僕はプリン体を気にして焼酎派になりつつあるのと、今回の旅で買っていく泡盛を飲む用に、琉球ガラスのロックグラスを買いました。深い青色が綺麗で気に入っています。

これ以外には、旅行中に大変気に入ったジーマミー豆腐と、泡盛を買いました。泡盛は、自分用には旅行中に飲んだ中で一番気に入った於茂登(おもと)を買っていきました。今回旅行に来ていない友人に泡盛を頼まれたので、彼には請福酒造(請福の泡盛は飲みやすくて好きでした)が作っている石垣島限定の古酒、「いしがき」を買っていきました。古酒というのは、3年以上熟成させた泡盛のことらしいです。

意外と買い物があっさり終わったので、ユーグレナモール近くのカフェに行くことに。

f:id:zukky162:20181113000149j:plain f:id:zukky162:20181113000151j:plain 「Hibis Cafe」というカフェで、マンゴージュースとチョコレートパンケーキを頂きました。南国感が味わえました。ここで少しゆっくりして、飛行機の時間も近づいていましたので空港に向かいました。

3日間の楽しい旅が終わりました

f:id:zukky162:20181113000459j:plain というわけでこれで3日間の石垣島の旅が終わりました。3日間、最高に楽しかったのでめっちゃ帰りたくなかったですw 石垣島は人も自然も景色も食べ物も、何もかもが本当に素晴らしかったです。今まで行った旅行の中でも一番楽しかったかもしれません。これだけ楽しみましたが、石垣島の観光スポットはまだまだありますし、行ってない近隣の島も幾つかあります。行こうとしてお休みだったお店もたくさんありましたw なので、ぜひとももう一度、石垣島に旅行に行ってみたいです。

3日間の石垣島観光の記事は以上です。ありがとうございました!

石垣島を観光してきた【2日目】

1日目の記事はこちら

blog.zukky162.com

2日目

石垣シーサイドホテルで朝を迎えたところ、とても良い天気!写真は朝食の様子で、こちらもバイキンッグ形式でした。

今日の予定はホテルでじっくりアクティビティを楽しんだ後、南下して石垣港離島ターミナル周辺のホテル、アートホテル石垣島を目指します。

グランドゴルフ

f:id:zukky162:20181030174750j:plain まずは昨日の続きでグランドゴルフをやります。昨日とは違い、本当に良い天気です!開放的なフィールドと相まって、最高の気分でグランドゴルフができます。

グランドゴルフの様子はこんな感じ。各ホールの開始地点にマットが置かれていて、そこからホールまでの打数の少なさを競います。ホールやクラブ、ボールなどの道具の形状が異なる以外は普通のゴルフと同じに思えますが、ルールも少し異なっており、ホールインワンの場合は打数の合計から-3されるボーナスが付く点が異なります(当日は当然出ませんでしたがw)。また、他人が打つときもボールは常に置きっぱなしです。ただし、妨げになる場合は一時的にボールを取り除くことを要求できる、とルールの紙に書かれていました。要求できるだけで、本人が拒否できるんだろうか・・・?

まずは昨日からの続きの赤のコース(ホールまでの距離短め)をプレイし、次に青のコース(距離長め)をプレイしました。僕は小学生のころにやったことがあり、多少慣れていたので赤のコースでは1位が取れましたが、青のコースでは、慣れてきた友人の方が長距離ショットが上手くて負けました。

海水浴

f:id:zukky162:20181030180830j:plain f:id:zukky162:20181030180833j:plain 次はこのありえんぐらい綺麗な海を泳ぎます。パラソル・イスセットを宿泊者は無料でレンタルできたのですが、今日は風が強かったため、パラソルは使えませんでした。ゴーグルもレンタルするつもりで来ましたが、自分はメガネなので視力が失われた状態で海に潜るのを想像していましたが、度入りゴーグルという天才的な品があったので、即決でそれを借りました。

生まれてほぼ初めて海に入ったのですが、最初の感想が、「しょっぱい」でしたw 川やプールとは違い、潜るたびに口に「塩味」を感じるのにすごい違和感がありました。海の中の景色は本当に綺麗で最高でした!ゴーグルが度入りで本当によかったです。すごく浅いところにも白い魚がたくさんいたりして驚きました。風が寒くて海水の中のほうが暖かかったのもあってずーっと潜ってました。海は全体的に浅めだったので、普段運動不足の我々でも難なく楽しめました。

バギーツアー

f:id:zukky162:20181030184609j:plain ホテルのアクティビティの最後は、このバギーに乗ります。ガイドさん曰く、まずはホテルの敷地内で練習して、それから外に出るとのこと。

操作方法は基本的に原付と同じで、ミラーやウインカーなどの、公道で走るための装備も付いています。ただしアクセルだけが異なっていて、右手グリップをひねるのではなく、右手親指の位置にあるレバーを押すタイプでした。バギーは基本凸凹した悪路を走るので、グリップ式だと揺れで意図しないアクセルが入ってしまうためにこうなっているのか?など考えていました。走っている間はずっと親指を押しっぱなしにしているので結構疲れます。

原付や中型バイクに乗ったことがあるのでこれも同じノリで乗れるっしょって思っていましたが、カーブを曲がる際は結構違いました。バイクば曲がる際に体重移動さえすればハンドルも自然と適切な角度になって曲がれるのですが、それに対しバギーは結構重いハンドルにちゃんと力を加えて直接操作することで曲がれます。なので慣れないうちは、体重移動してるのに曲がれない!?なんてことをよくやってました。ハンドルを操作することを意識したら思った方向に曲がれるようになりました。

f:id:zukky162:20181030184525j:plain ある程度慣れてからいざ出発!ガイドさんがホテル周辺で眺めの良いスポットに連れてってくれるとのこと。まずは写真のような舗装された道を進んできます。

f:id:zukky162:20181030190938j:plain f:id:zukky162:20181030190948j:plain 道中、バナナの花?(確か、実の収穫が終わった後)や、牛やヤギなどの動物を紹介してくれました。写真には収められなかったのですが、野生の孔雀もいて驚きました!カラスみたいな感じで孔雀がすぐそこに数羽いてびっくりしました。これが石垣島か・・・。紹介はありませんでしたが、道中いろんな種類の見たことがない蝶がたくさん飛んでいたのも印象的でした(シロオビアゲハ、カバマダラあたりがいたと思います)。

f:id:zukky162:20181030191616j:plain だいぶ森の中に来ました。ここまで来ると舗装された道は皆無で、普通に深さが10センチ以上ありそうな水たまりがたくさんあるオフロードでした。これぐらいの悪路だと、バギーに乗ってる感が出てきて楽しかったです!

f:id:zukky162:20181030191608j:plain 数箇所の海に連れて行ってもらいました。どこもこんな感じで、森を抜けるとそこには海が!みたいなロケーションでした。この感じ、良くないですか?

f:id:zukky162:20181030192248j:plain ホテルのビーチとは違い、誰もいない静かなビーチというのもなかなかよかったです。奥に見えるのが多分我々が宿泊した石垣シーサイドホテルです。こうしてみると結構な距離を走ってきました。

f:id:zukky162:20181030192442j:plain この巨大な木はこの前の台風で流れ着いてきたとのこと。これ以外にも海外の漂流物(明らかに日本語ではない言語のラベルのボトルなど)がたくさんありました。

f:id:zukky162:20181030192605j:plain この木の下にヤドカリがいました。思ったよりも小さかったです(2センチぐらい)

f:id:zukky162:20181030193102j:plain f:id:zukky162:20181030193033j:plain 最後はぷち登山をして眺めのいい丘に行きました。風がめっちゃ強かったですが、めっちゃ眺めのいい場所でした!2枚目の写真の島は無人島とのこと。ちょっと行ってみたくなります。この付近がマンタが見れるスポットなのだとか。次に来たときはマンタを見に行きたいですね。

そんな感じでホテルに戻ってきました。バギーに乗れるだけでも十分に楽しかったのですが、それに加えて石垣島の自然の数々を紹介してもらえて、大満足でした!

ミルミル本舗でジェラート

遊びまくったので、この後は2日目のホテルを目指して南下してきます。1日目にジェラートを食べそこねたので、ミルミル本舗を経由してきます。

f:id:zukky162:20181030195109j:plain 店舗が海のそばにあって、眺めが良いです。

f:id:zukky162:20181030195139j:plain f:id:zukky162:20181030195138j:plain ジェラートとミルミルバーガーを頂きました。ここのジェラートは2種類の味を選んで半分ずつ入れてくれます。自分は塩黒糖と紅芋にしました。HIS の特典の「LeaLeaパスポート」というクーポン券のようなものを使うことで実質タダで食べれてラッキーでした。眺めのいいロケーションで食べるジェラートとバーガーは美味しかったです!

しばらくゆっくりした後、2日目のホテル、「アートホテル石垣島」を目指します。

ホテル到着

f:id:zukky162:20181030195844j:plain アートホテル石垣島に到着しました。1日目のような海沿いのリゾートのようなホテルではありませんが、ここも十分にいいホテルです。ゴーヤチャンプルーを食べたいと友人が言っていたため、今夜は沖縄料理が食べれるホテル周辺の店に徒歩で行くことに。

沖縄居酒屋石垣島

f:id:zukky162:20181030201535j:plain メニューにゴーヤチャンプルーがあることを確認して、「沖縄居酒屋石垣島」に予約して行きました。ホテルから徒歩10分ぐらいでした。

f:id:zukky162:20181030201541j:plain 席に付くと予約時に伝えた僕の名前が書かれたこんな紙が置かれていました。しかも印刷ではなく全部直筆。嬉しくなって記念に持ち帰りました。石垣島、本当にいい人ばかりだなと度々思います。

f:id:zukky162:20181030201538j:plain お通しの豆腐はジーマミー豆腐ではなく「島豆腐」とのこと。島豆腐について知る機会が旅行中を通してなかったので、これがなんなのかはよくわかりませんでした(味は美味しかったです)。それと、居酒屋なのでもちろん泡盛を注文。昨日飲んだ25%の泡盛が飲みやすかったので、25%のものはないかと聞きましたが、泡盛は30%が普通で、メニューにあるのもすべて30%とのこと。このお店では「請福」(せいふく)と「玉の露」(たまのつゆ)を飲みました。請福がスッキリした感じで好きでした。

石垣牛のスタミナ焼き、海ブドウ、ソーメンチャンプルー、刺し身の盛り合わせを食べましたが、どれも美味しかったです!刺し身は石垣島の魚らしいのですが、どれも普段よく食べる魚とは異なる名前でした(なので忘れてしまいました・・・)。ちなみにゴーヤチャンプルーは売り切れで食べられませんでした・・・。なので、ゴーヤチャンプルーを求めて2軒目に行くことに。

島の食べものや南風

f:id:zukky162:20181030201551j:plain こちらが2軒目、「島の食べものや南風」です。実は初めはこちらに行く予定でしたが、早い時間での予約が取れませんでした。

ここでも当然泡盛を頼みます。ここでは適当に「於茂登」(おもと)を飲みました。はっきりと泡盛の味がするのですが、とても飲みやすい味がして、これまで飲んだ泡盛の中で一番好きな味でした。自分用にはこれを買っていこうと決めました。

料理は、追い求めていたゴーヤチャンプルーラフテージーマミー豆腐の揚げ出しを頼みました。ラフテーは僕が食べたかったので頼んで、ほとんど僕が食べましたw ジーマミー豆腐の揚げ出しは、1日目のカヌーのガイドさんと昼食に行った lotus で話題になっていたので、ここで頼んでみました。やはりどれも美味しかったです!

ホテルに戻る

f:id:zukky162:20181030210915j:plain 帰りも歩いてホテルに帰りました。明日は朝早くから竹富島に行くため、少し早めに就寝しました。3日目に続く!

blog.zukky162.com

石垣島を観光してきた【1日目】

大学時代からの友人2人と石垣島を10月中旬に2泊3日で観光してきました!これまでにない最高の旅だったので記録として残しておこうと思います。

なぜ石垣島

今回のメンバーは普段からよく旅行に行く仲で、そろそろ旅行に行きたい気分だったので旅行に行こうと僕が提案。「のんのんびよりばけーしょん」という素晴らしい映画に影響された僕はとにかく沖縄の海に浸かりたかったので場所は沖縄を指定。本土はみんな行ったことがありそうだったので、今回は誰も行ったことがない石垣島を観光することに。のんのんびよりばけーしょんの聖地巡礼的な意味でも石垣島はちょうどいいです。つまり、石垣島になった理由は僕が行きたかっただけですw

nonnontv.com

諸々予約とか

最初は飛行機・ホテル・レンタカーを個別で予約しようとしてましたが、後から HIS の2泊3日のツアー(飛行機・ホテル・レンタカー付き)を見つけて、そちらでまとめて予約しました。ツアーと聞くと、決まったスケジュールに則って数人でぞろぞろ観光するイメージですがそんなことはなくて、中身は飛行機・ホテル・レンタカーの3つをセットで予約できるというものです。往復の便・1日目・2日目のホテルをそれぞれ好きなものを選択できてかつ普通に予約するより安かったので大変便利でした!なぜ今までの旅行で活用してこなかったのか・・・。

nippon.his-j.com

スケジュール

僕の中では、「沖縄の綺麗な海で遊ぶ」という第一目標があったので、1日目に泊まるホテルは海で遊べるリゾート的なところにしました。また、のんのんびよりばけーしょんの舞台となっている竹富島の風景が見たかったので工程に入れました。僕の行きたい場所ばかりになると友人に悪いので念の為行きたい場所を聞いてみたところ、マングローブカヌーをやりたそうにしていたのでこれも工程に入れました。その結果以下のような感じになりました。

  • 1日目
    • 吹通川でマングローブカヌー
    • 平久保崎(石垣島の北端)方面を観光
    • 川平湾方面に進み、石垣シーサイドホテルで1泊
  • 2日目
    • 半日、石垣シーサイドホテルで遊ぶ
    • 観光しつつ南下して、アートホテル石垣島(石垣港離島ターミナル付近のホテル)で1泊
  • 3日目

1日目

というわけでここから1日目の内容。めちゃくちゃ朝早い時間に羽田空港に集合。友人2人は間に合う電車がなかったため、大江戸温泉で前泊とのこと(辛そう)。

f:id:zukky162:20181026180747j:plain 飛行機で石垣空港へ。

f:id:zukky162:20181026180819j:plain 朝早くで開店したばかりの空港の売店で朝食を買おうとしたが、なぜかカツサンド系しかなかったので仕方なく万かつサンドを選択。

f:id:zukky162:20181026181339j:plain 3時間程で空港に到着。ここからレンタカーを借りてカヌーをやりに吹通川観光を目指す。しかし、もともとのスケジュールがギリギリで飛行機が10分程度遅れてしまったため、カヌーの予約の時間に間に合わないことが発覚・・・。恐る恐る吹通川観光に電話してそのことを伝えると、「今日は余裕ありますので、ゆっくり来てください」とのこと。神か。

f:id:zukky162:20181026181916j:plain f:id:zukky162:20181026181921j:plain なんやかんや数分遅れで吹通川観光に到着。カヌーは濡れるので海パン・サンダルが推奨とのことなので、海用に持参してきたものに着替えた。

残念ながらカヌー中にカメラ類を持っていかなかったので、写真はないです・・・。なので文章のみで書きます。

ガイドさんに連れられて、まずは川の側のカヌーのところまで移動。この時点でマングローブが見えていてテンションが上ってきました。今の時間は川が浅いため、大きめのカヌーを1人で使うとのことで、まずはそのカヌーを各自が川まで引っ張る。これが結構重くて腕が攣りそうでしたw 川に下ろしてからはめっちゃ軽いです(当たり前)。

その後、カヌーに乗って、パドルの使い方を教わりました。これが想像以上に簡単。誰でもできます。そのまま川を進んでマングローブの奥へと向かいました。このときは天気がすごく良くて風も心地よくて最高の気分でした!途中ガイドさんのありがたい解説を聞いたり、シオマネキ・トビハゼなんかも見れて楽しめました。

一番奥まで進んで、マングローブに足を踏み入ることもできました。そのときガイドさんは、一瞬でイノシシの足跡を見つけて見せてもらったり、陸にいたアサリを水の中に戻してあげたりしていました。完全にプロ。それ以外にも細長い種を拾って見せてくれました。これは、マングローブの木である「ヒルギ」の種だそうで、この種が川で流される様子から、漂木(ヒルギ)という名前がついたと教えてもらいました。こんな感じの解説をツアー中にずっとしてくれて本当に楽しめました!

f:id:zukky162:20181026185245j:plain マングローブカヌーを終えて帰ってくると、ドラゴンフルーツを頂きました。サービスが良すぎる・・・!ドラゴンフルーツは普段食べないので詳しくないのですが、なぜか2色存在する模様。

これだけじゃ終わらず、ガイドさんがよく行くランチに連れてってもらえることに(カヌーの最中の話だと、ガイドさんの飯へのこだわりはすごそうだった)。

f:id:zukky162:20181026185712j:plain f:id:zukky162:20181026190204j:plain ガイドさんの車に乗って着いたのは、「ダイニングlotus」というおしゃれなレストラン。ガイドさんはここの常連らしい。窓からの景色が最高すぎる。ここで我々ガイドさん含む4人は、1日5食限定の日替わりランチを注文する。

f:id:zukky162:20181026211106j:plain 今日の日替わりはまぜそばとのこと。写真を撮り忘れたので友人から頂きました。トマトの酸味がいい感じで、めちゃめちゃ美味しかったです!

f:id:zukky162:20181026190145j:plain f:id:zukky162:20181026190139j:plain ガイドさんと一緒に来たからなのか、飲み物(画像は自分が頼んだシークヮーサージュース)とジーマミー豆腐をサービスで頂きました。石垣島にはいい人しかいないのか・・・!どちらも最高に美味しかったです!特にジーマミー豆腐はかなり気に入って、3日間ずっと食べてましたw 食感が好きです。

吹通川はこんな感じでした。マングローブカヌーは最高に楽しめましたし、あまりにもサービスが良すぎて感動しました・・・!この時点で満足度は余裕で100%を超えました。それでもまだ時間があるため、次なる目的地、平久保崎に向かいます。

平久保崎は石垣島の最北端に位置しているため、移動に時間がかかりそうに思えましたが、吹通川からだと車ですぐ着きました。石垣島は意外と小さいので感覚が狂いますw

f:id:zukky162:20181026191446j:plain 灯台石垣島最北端の柱

f:id:zukky162:20181026191554j:plain f:id:zukky162:20181026191605j:plain そして平久保崎からの海の眺め!めちゃくちゃ綺麗!!海が圧倒的に青かったです。

ここでしばらくぼーっとした後、コーヒーが飲みたくなったので、カヌーのガイドさんにおすすめされたコーヒーの美味しいお店、「貴クラフ陶」(タカクラフトウ)に向かうことに。 ameblo.jp が、着いたら残念ながらお休みでした・・・。なので近くのサビチ鍾乳洞に行くことに。

f:id:zukky162:20181026192328j:plain これがサビチ鍾乳洞の入り口。

f:id:zukky162:20181026192459j:plain 中はこんな感じで鍾乳洞の洞窟が続いていました。上から水が滴り落ちてきて冷たかった。

f:id:zukky162:20181026192508j:plain 酒が置いてありました。鍾乳洞の中は酒にとって適温なのだろうか?

f:id:zukky162:20181026192522j:plain 中にあった鍾乳洞の中でもお気に入りの「ナイアガラ」。こんな感じで各鍾乳洞には名前が付いていて面白かったです。

f:id:zukky162:20181026193153j:plain f:id:zukky162:20181026193159j:plain f:id:zukky162:20181026193300j:plain 洞窟を抜けると海が出現。良さがありました。

f:id:zukky162:20181026193411j:plain しばらく眺めを楽しんで出口へ帰ってきました。長い間洞窟を彷徨って、ようやく出口を見つけた感のある写真が撮れました。

ここからは石垣シーサイドホテルを目指して西に進みます。友人がさとうきびをかじりたいと言っていたので、さとうきびをその場で絞ってジュースにしてくれるパーラーぱぱ屋が近くにある、米原ヤエヤマヤシ群落を目指す。

f:id:zukky162:20181026203647j:plain f:id:zukky162:20181026203711j:plain ここが米原ヤエヤマヤシ群落。学生の団体が来ていて通路が狭かったのでさらっと見て終わりました。その団体のガイドさん曰く、木の根が見どころらしかったのですが、それが見える一番奥は見ずに終わりました・・・w

f:id:zukky162:20181026204236j:plain ここの駐車場にいた蝶。多分クロアゲハ。ジャコウアゲハとどちらか悩みましたが、ジャコウアゲハは胴体が赤いらしいです。石垣島にはこれ以外にもたくさんの種類の蝶が飛んでいて興味深かったです。

f:id:zukky162:20181026204747j:plain ヤシ群落の入り口のすぐそこにあるパーラーぱぱ屋でさとうきびジュースを頂きました。この手を突っ込んだらヤバそうな機械にさとうきびを入れて、その場で絞ってくれます。

f:id:zukky162:20181026204955j:plain 完成したさとうきびジュース。めっちゃ甘くて美味しかったです。しかし絞ってくれたおばちゃん曰く、時期になるともっと甘くなるらしいです。絞った後のさとうきびをかじらせてもらいましたが、めちゃくちゃ硬くてはっきり味を感じるまで噛めませんでしたw

この後は御神崎か川平石崎に行って夕日を見る予定でしたが、天気が微妙で夕日に期待ができなかったためやめました。代わりに、カヌーのガイドさんがおすすめしていたジェラートが食べられるお店、「おいシーサー遇」に行くことに。 https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470501/47006951/tabelog.com が、ここも休みでした・・・。どうやらここでジェラート等を出している人が出張中とのことで、帰ってくるのが1ヶ月後ぐらいとのこと。着いた後に気づいたのですが、石垣島の有名な観光地、川平湾のすぐそこだったみたいで、少し出歩くことに。有料駐車場に車を移動しようとしたのですが、おいシーサー遇の人に「あっちはお金がかかるからここに止めていいよ」と言われました。ホントに石垣島にはいい人しかいません。

f:id:zukky162:20181026210617j:plain 川平湾を観光していくか迷いましたが、今日は疲れたのでホテルに向かうことにしました。ここのお土産屋で少しゆっくりして石垣シーサイドホテルに向かいました。

f:id:zukky162:20181026215251j:plain というわけで1日目の宿、「石垣シーサイドホテル」に到着しました。入った瞬間、圧倒的リゾート感で最高でした。

f:id:zukky162:20181026211757j:plain ビーチもありますが、今日はくっそ天気が悪いです。明日は天気がいいらしいので、ビーチは後回しで、これからグランドゴルフをすることに。

f:id:zukky162:20181026212229j:plain こんな感じで1ホールをプレイしたところで雨が降ってきて中断。この続きは明日やることになりました。このホテルから見える星が綺麗らしかったのですが、夜の天気はずっとこの調子で、星を見ることはできませんでした・・・。

グランドゴルフから帰ってきてすこし休憩した後、チェックイン時にもらった抽選券を使いに売店に行きました。みんなそれぞれくじを引いた結果、みんな同じく石垣の塩ちんすこうをもらいました。売店のおばちゃんが「誰も欲しがらないからこれあげる」とのことでなにかくれるとのこと。石垣島、マジでどこに行ってもサービスが良すぎる。で、もらったのがこれ。

f:id:zukky162:20181026220517j:plain 無駄にリアルなポークのマグネット。沖縄の郷土料理?シリーズで、他にもバリエーションがありましたが、誰も欲しがらないという話に納得してしまったw

f:id:zukky162:20181026213345j:plain その後は夕食を食べにレストランに行きました。夕食はバイキングを選択(写真はでかい皿1枚ですが、バイキングなので実際はこれ以外にも食べました)。沖縄料理や海鮮物がたくさんあり、どれも美味しかったです!当然ジーマミー豆腐も食べましたw お酒のメニューに泡盛があったので飲んでみました。最近、ビールを控えて焼酎志向になりつつあったので、この旅行の夕食は泡盛ばかり飲んでいましたw ここではかびら25度と八重泉30度を飲みました。前者はすっきりしててとても飲みやすくて好きな酒でした。後者は度数のギャップがあるからなのかめちゃくちゃ濃く感じました。友人と、たこわさっぽい食べ物(9マスの皿の上段真ん中)がタコなのかイカなのかの議論をなぜかしていました(正解は島ダコでした)。

f:id:zukky162:20181026214435j:plain 食事の後は部屋でゆっくりしてました。友人の希望でコテージに泊まりたいとのことだったので、この「かびらビレッジ」を選択しました。希望した友人は水上コテージをイメージしていたらしいですが、これは林の中にあります。ザ・南国って感じの雰囲気がとてもよかったです!部屋にオリオンビールやらさんぴん茶やら色々飲み物が入っていたのですが、普通ホテルでこういうのがあったら有料ですが、ここはなんと全部無料でした。今日、石垣島に来てから本当にサービスが良すぎて最高です・・・!他にも外のビーチで遊ぶためのビーチサンダルも付いてました(もちろん無料・持ち帰り可能)。

明日はアクティビティで半日エンジョイするために、そこまで遅くない時間までグダグダして就寝。2日目に続く!

blog.zukky162.com

2015年吉田ルートで富士登山

4年連続で富士山に登っているが、そういえばどこにも記録をまとめていなかったので、せっかくなので初めて行った時のことをまとめようと思う。

学生生活最後の年ということでどうせならなにかすごいことをやりたいと思った僕は、ヤマノススメというアニメに影響されたのもあり、すでに社会人をしていた大学時代の同期と共に富士山に登ることにした。これまで登山は全然やったことがなかったので、道具はとりあえずやまどうぐレンタル屋で富士山セット的なものをレンタル、ルートは一番難易度が低く、かつヤマノススメでも登場した吉田ルートにした。当日登山靴が合わないという事態は絶対に避けたかったため、前日に店舗に行って合わせてもらった。

1日目

f:id:zukky162:20180930180201j:plain 新宿からバスで五合目に。このときはまだ晴れていた。

f:id:zukky162:20180930180208j:plain 五合目で富士山カレーを食べて、登山開始した。

f:id:zukky162:20180930175644j:plain が、六合目手前ぐらいで雨が降ってきたのでこのトンネルで休憩。高揚していたテンションが一気に下がった。

f:id:zukky162:20180930181456j:plain 六合目。まだどんよりしている。

f:id:zukky162:20180930181540j:plain 六合目を過ぎてから山小屋が見えてくるようになる。ヤマノススメ聖地巡礼も兼ねていたので、当然金剛杖も購入し、焼印を押してもらった。吉田ルートで押せる焼印をコンプするつもりだった、そうすると実は結構お金がかかる(5000円ぐらい)ことに、このときはまだ気づいていなかった(最終的に全部押した)。

f:id:zukky162:20180930182058j:plain f:id:zukky162:20180930182107j:plain 「これ、ヤマノススメで見たぞ!」みたいなことを話しながら登っていたと思う。アニメで見た光景を実際に見るのって良いよね。

f:id:zukky162:20180930182112j:plain 当然山小屋の方もそれを把握している。

f:id:zukky162:20180930182457j:plain f:id:zukky162:20180930182504j:plain ここまでずっと雨だったが、七合目トモエ館あたりで突然晴れた。山の天気は変わりやすい、とよく言われるが、ここまであっさり晴れるとは思わなかったので、テンションがめちゃくちゃ上がった。ここまで、下を見てもなんにも見えなかったが、はっきり見えるようになった。

f:id:zukky162:20180930183126j:plain f:id:zukky162:20180930183132j:plain 晴れてからの道中の眺めが本当に素晴らしかった。疲れを忘れてしまう。

f:id:zukky162:20180930183137j:plain そして本日の宿、本八合目富士山ホテルに到着。当然、ヤマノススメの彼女たちが泊まった場所と同じである。

f:id:zukky162:20180930183515j:plain 富士山ホテルの目の前の風景。完全に雲の上。天空。

f:id:zukky162:20180930183739j:plain 宿でチェックインを済ませたらすぐに夕食。またもやカレーだが、ここまで登った後に食べるカレーはめっちゃ美味かった。

f:id:zukky162:20180930183522j:plain 山頂での御来光(日の出)を見に行くには、山小屋を2時に出ないといけないため、すぐに就寝。話に聞いていた通り、寝床がめっちゃ狭い。狭いのはまだいいんだが、それよりもこの狭い空間の人口密度がすごくて酸欠気味なのが辛かった。僕は頭痛がする程度で登山に影響がでるほどではなかったが、一緒に来ていた友人は高山病っぽい症状になっていて辛そうだった。4年連続でいろんな友人と富士山の山小屋で寝泊まりしたが、毎年生還者が僕しかいなかった。それぐらい山小屋で寝るのはしんどい。

2日目

f:id:zukky162:20180930184950j:plain 朝食の弁当を持って、2時ぐらいに富士山ホテルを出発。もうすでに外には御来光目当ての登山客で混雑していた。山頂までずっとこんな感じで混雑しているのでペースは遅め。

f:id:zukky162:20180930184956j:plain ヘッドライトの光で行列ができているのが下からでも確認できる。

f:id:zukky162:20180930185000j:plain 登っている最中の夜空はめっちゃ綺麗だった(雑な写真しかなかった・・・)。

f:id:zukky162:20180930185640j:plain 山頂に到着し、御来光待機。このとき、めちゃくちゃ寒かった。そして待つこと数10分・・・。

f:id:zukky162:20180930185852j:plain f:id:zukky162:20180930185750j:plain f:id:zukky162:20180930185756j:plain 御来光!めちゃくちゃ綺麗だった!これまで4回富士山に登ったが、ここまで綺麗な御来光を見れたのはこれ1回のみなので、多分貴重な体験だった。

f:id:zukky162:20180930190452j:plain 寒すぎたので山頂の山小屋で一休み。何かを食べた気がするけど忘れてしまった。この後は富士山の火口を一周する「お鉢めぐり」に行く。

f:id:zukky162:20180930190839j:plain 火口はこんな感じ。迫力がすごい。お鉢めぐりはこれを一周する。

f:id:zukky162:20180930190825j:plain お鉢めぐりの途中にある郵便局。日本一高い場所から手紙を出せるが、8月下旬までしかやっていないので注意。

f:id:zukky162:20180930191719j:plain 2016年に登ったときは実家にこんな感じで記念の手紙を出した。

f:id:zukky162:20180930191041j:plain あの一番高いところが日本最高峰。

f:id:zukky162:20180930191049j:plain 観光地の如く、日本最高峰の場所に立つための列ができていた。結構待つので、帰りのバスの時間などを気にしないといけない。

f:id:zukky162:20180930191056j:plain ここが日本最高峰。ここに立てたのはこの時の1回のみで、他の年は天気が悪かったり、時間が足りなかったりで立つことできなかった。

下山

こんな感じでお鉢めぐりを終わらせて、吉田の下山ルートで下山した。が、下山ルートの写真が1枚もなかった・・・。それもそのはず、下山の時に膝が痛くなってしまい、おまけに下山ルートは殺風景な場所をジグザグに延々と下るような道で、とてもしんどくて写真を撮る気力がわかなかった。帰りのバスに乗り遅れるとお金が無駄になってしまうので、それを気力にしてヤケクソで五合目まで下山して、富士登山は無事(?)終えた。

まとめ

2015年に初めて登った富士山は、御来光が綺麗に見れたし、日本最高峰の地に立つこともできて、かなり運が良かったと、富士山に数回登って思った。富士山の吉田ルートは簡単と言われてはいるけど、高山病への耐性で大きく左右されるのかなと思った(特に山小屋で寝るとき)。それと膝が痛くなるとしんどいことがわかった(ので、これ以降登山するときは膝サポーターをつけている)。日本一高い山なだけあって眺めがとてもいいので、何度でも行きたくなる山だと思った。来年も多分行く。